single 大規模案件をやって思ったこと | Heastea's Blog , loves Music & Movies

「テンプレ化を想定して作る場合、全体のデザインがFIXしてから進行するのを前提としたスケジューリングをした方がいい」

今回の案件では、進行しながら順次デザインがFIXしていくという形でした。
当初は決まったところから手つけていけばいいだろうと思ってたんですが、
実際にはじめてみると、全体のデザインがFIXしてこないとどこをテンプレート化したらいいかわからず、、
結局とりあえずでFIXしたものを一旦HTMLでコーディングしていき、
テンプレ化できるじゃんていうところが出てきたら都度テンプレ化していくという形になってしまい、
だいぶ無駄に手間がかかってしまいました。しんどかった。。
ということで、
「大規模サイトをテンプレ化して作るときは、全体のデザインがFIXしてから進行するのを前提としたスケジューリングをした方がいい」 と感じました。
実際それが実現可能かは案件によって変わると思いますがね。

 

 

「ベースのスタイルはcommon.cssでクラスを用意して管理する」

一人では到底手がまわらない規模だったので、知り合いのフリーランスの方にも手伝ってもらい分担して進めてたんですが、
そうなってくるとやはり出てくる問題が同じファイルをいじっていて、自分がアップしたはずのファイルが元の状態で上書きされていたり なんてことが起こりました。
なのでcssに関しては、大枠となるcommon.cssを作ってそこに真ん中寄せからマージンやらなんやらの必要になるであろうクラスを作っておいて、
クラスの付与でスタイルを指定する形にしました。
これは大規模サイトだと不可欠でしょうね、各ページごとにスタイル書いてたらファイルの数が大変なことになるし。
でもやっぱり細かい設定したいときは個別にcssファイル用意しました。

 

 

「WordPressで、固定ページで各ページの内容を管理するときは入力モードに気をつける」

続きまして、今回cmsにという案件だったのでWordPressが採用されました。

そして階層によってデザインの構造は同じだったので、テンプレート化してページの各内容はWPのコントロール画面で固定ページに記述していく形をとりました。
そうすることでちょっとした文言修正ならクライアントでもいじれるようになるな~ なんて思ってたんですが、
まあ実際クライアントがいじることはないんですが・・・(´・ω・`) それはいいとして、、
そこで一度事件が起こりました。。
そもそもやり方としてはsublimeでコーディングしてそれをコントロール画面で固定ページに流し込んでたんですが、
当然テキストモードの状態で流し込んでいくわけですが、
ビジュアルモードに一度切り替えるとbrタグとか改行とかpタグが自動で消されます。。。
(保存しないでテキストモードに戻して表示し直せば大丈夫です。)
不運なことに、metaタグを全ページに入れていく作業の際にビジュアルモードになっていたようで、
一度全ページのbrタグや、ページによってはpタグも消えていて表示崩れ起こしました。。。
あのときは本当に焦ったし、WordPressなんかもう2度と使わないって思いました(-_-;)
そんな危険なことが起こるので、WordPress案件で固定ページで各ページを管理する際にはご注意ください。。

 

 

ほかにもいろいろ書こうと思ってたはずなんだけど、すっかり忘れてしまったので、
思い出したらまた追記したいと思います(・・;)
ということで、誰かの参考になれば幸いです(๑╹ڡ╹๑)

大規模案件をやって思ったこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Real time web analytics, Wordpress visitor counter, Wordpress visitor tracking
100{c494712fb947ea218f7a039f48f635262d1505a3b9ba93da70c7aaa86de95867}Japan Japan

Total: 89